temp of K.F-GOLGO

Paddling of the kayak. And a fish is fished. The highest time. We become free by kayak fishing.





このページはページ追加用の「ひな形」ページです。







5.jpg

カヤックでのファイトはボートや陸からの釣りとは違い「カヤックの下に潜られる」ことがある。その際、ロッドが極限まで曲がってしまうと、ベイトロッドではブランクスとラインの干渉が懸念だった。スパイラルガイドにすることでこの問題を解消。またベイトロッド特有の「軽いティップ部分のブランクスの上に重いガイドが載っていることでのブランクスのねじれ」も解消され、キャストorファイト時のブランクスのパワーを最大限活かすことも可能となりました。カーボンロッドはカーボンのシートを巻いて作ってあります。それと逆方向にガイドをねじってあげることでブランクス本来の性能が呼び出せるのです。
また、バーチカルゲームにおいてはティップ部が下向きのガイドになっている方がラインが竿の上に乗ってしまってもスルっと抜けやすく、ティップ絡みのトラブルも減少するメリットがあります。


2.jpg
RANDHING.jpg
ASSIST.jpg

アングラーの位置が水面から近いカヤックフィッシングでは、魚を寄せてキャッチするときにロッドが立ってしまい、ロッドのレングスによってはティップに負荷が掛かって破損の恐れがつきまとう上、ランディングも困難になります。それらのトラブルを解消するためにバット側のフォアグリップを延長し、ランディング時にはこのグリップを持ち、弓矢を引くように魚を寄せていただくことでブランクスへの負担を極限まで減らし、ロッドの破損リスクを低下させました。長いフォアグリップを掴み手を伸ばすとティップに届くため、ティップに絡んだラインの処理のしやすさにも一役買っています。しかし、フォアグリップが太くなるとどうしても重くなりロッドバランスが崩れてしまいます。それを解消するよう、極限まで細く絞り込んだ一本一本手削りでシェイプされているハンドカービングの特注グリップになっています。


3.jpg
4.jpg

カヤック上ではデッキスペースが限られるため多くのタックルは持ち込めません。1本でなんでもできるロッドが欲しい。そこで、KF-GOLGOでは、ロッド1つで多魚種をターゲットとすることをコンセプトに、汎用性の高いブランクスを開発しただけではなく、エンドグリップをキャスティング用グリップとバーチカル用グリップの二種類をご用意しました。用途に合わせてエンドグリップを差し替えることで、シーバスやバス、アオリイカなどのキャスティングゲームから青物や真鯛などのバーチカルゲームにも1本のロッドで幅広く対応することを可能にしました。もちろん実際のカヤックフィッシングの現場でテストを重ねたので、カヤック用PFDを着用した状態を想定した上でのエンドグリップの長さの設定となっています。