Paddling of the kayak. And a fish is fished. The highest time. We become free by kayak fishing.

適合ラインについて

2014.10.21
KFゴルゴは、PE1号をメインとして作ったロッドなのですが、PEラインが現在非常に進化してしまっており、1号でも強さがメーカーや商品によってまちまちとなってしまっています。基本的にはMAXを14LB程度のPE1.2号を限界として製造しておりますので、たとえ号数表示内であっても、最新の細くても非常に強いPEラインの場合はフッキング後にドラグ調整をしていただければと思っています。
開発のホエールもシマノのパワープロかラパラのラピノヴァを使うことが多いのですが、これらは1号であっても通常のPEより非常に破断強度が強いため、フッキングまではドラグ強め、きっちりフックセットした後にドラグを少し緩めてファイトしています。

スパイラルガイドのバットガイドについて

2013.9.25
K.Fゴルゴの特筆すべき特徴であるスパイラルガイドはブランクのカーボンシートの巻きと逆方向になるよう、左側にむかってひねってあります。(ブランクが真っ直ぐに曲がりブランク本来のパワーが、より発揮できる効果があります)そのバットガイドはセンターから見て右についているのですが、これは意図的なものですのでご安心ください。左方向にひねったスパイラルガイドのバットガイドがセンターにあると、ベイトリールにラインを巻いた時にどうしてもスプールの中でラインが左寄りになってしまいます。それを防止するためにバットガイドはセンターから見て右寄りにセッティングされているわけです。これにより、スプールに左右均等にラインが巻けるようになります。

グリップジョイント

2013.9.21
キャスティングゲームとバーチカルゲームを一本のロッドで行うための要となるのがK.F.GOLGO最大の特徴とも言える「グリップジョイント」の部分。ただ、使用していただく上で注意点があります。それは「抜き差し」です。ジョイントは2ピースのロッド同様の「並継ぎ」となっています。抜き差しはあまり左右にねじらないようにしていただき(抜く時は多少ねじることになりますが)、なるべく真っ直ぐ抜き差しをしていただければと思います。また、キャスティングは基本的にシングルのショートグリップでおこない、ダブルのロンググリップはバーチカルでのご使用を想定して設計してあります。ダブルのロンググリップでどうしてもキャスティングをする際はアンダーハンドで軽く投げていただく形でお願いします。

保障や修理について

2013.9.21(2017.4.18追記)
初期不良に関してはもちろん対応いたしますので、届いて見ていただいた時やご使用一回目で何かありましたらお知らせください。その後は免責保障等の制度はありませんが、前提として、たとえばガイドが飛んだ等、修理で対応できる故障は全て対応いたします。(※ブランク折れは修復が困難なので、新しいロッドをご購入いただく際にお値引きします)その際、弊社は修理で利益は取りません。修理にかかったパーツ代金と工賃の純粋な原価のみご負担いただく形となります。いずれにしても今後の使用で故障がおこりましたら、まずはとにかく下記連絡先までお知らせいただきご相談ください。

お問い合わせmailはコチラ
kayak55.com
電話:047-711-7640
(営業時間16時〜21時/毎週月・木定休日)


カヤックでのファイトはボートや陸からの釣りとは違い「カヤックの下に潜られる」ことがある。その際、ロッドが極限まで曲がってしまうと、ベイトロッドではブランクスとラインの干渉が懸念だった。スパイラルガイドにすることでこの問題を解消。またベイトロッド特有の「軽いティップ部分のブランクスの上に重いガイドが載っていることでのブランクスのねじれ」も解消され、キャストorファイト時のブランクスのパワーを最大限活かすことも可能となりました。カーボンロッドはカーボンのシートを巻いて作ってあります。それと逆方向にガイドをねじってあげることでブランクス本来の性能が呼び出せるのです。
また、バーチカルゲームにおいてはティップ部が下向きのガイドになっている方がラインが竿の上に乗ってしまってもスルっと抜けやすく、ティップ絡みのトラブルも減少するメリットがあります。




アングラーの位置が水面から近いカヤックフィッシングでは、魚を寄せてキャッチするときにロッドが立ってしまい、ロッドのレングスによってはティップに負荷が掛かって破損の恐れがつきまとう上、ランディングも困難になります。それらのトラブルを解消するためにバット側のフォアグリップを延長し、ランディング時にはこのグリップを持ち、弓矢を引くように魚を寄せていただくことでブランクスへの負担を極限まで減らし、ロッドの破損リスクを低下させました。長いフォアグリップを掴み手を伸ばすとティップに届くため、ティップに絡んだラインの処理のしやすさにも一役買っています。しかし、フォアグリップが太くなるとどうしても重くなりロッドバランスが崩れてしまいます。それを解消するよう、極限まで細く絞り込んだ一本一本手削りでシェイプされているハンドカービングの特注グリップになっています。



カヤック上ではデッキスペースが限られるため多くのタックルは持ち込めません。1本でなんでもできるロッドが欲しい。そこで、KF-GOLGOでは、ロッド1つで多魚種をターゲットとすることをコンセプトに、汎用性の高いブランクスを開発しただけではなく、エンドグリップをキャスティング用グリップとバーチカル用グリップの二種類をご用意しました。用途に合わせてエンドグリップを差し替えることで、シーバスやバス、アオリイカなどのキャスティングゲームから青物や真鯛などのバーチカルゲームにも1本のロッドで幅広く対応することを可能にしました。もちろん実際のカヤックフィッシングの現場でテストを重ねたので、カヤック用PFDを着用した状態を想定した上でのエンドグリップの長さの設定となっています。